miwab’s blog

年金見込額100万(独身貯蓄0)でどうやって生きていこうか悩み中の51才

年金定期便2018年

年末、年金定期便が届いた。

現在51才。本来360ヶ月以上はないといけない「年金加入期間」は200ヶ月余りしかない。20代後半からの十数年、遊び呆けていた期間が未納である。

数年前、「特別に過去に遡って未納分を納付可能な措置」がとられた際、ものすごい束の納付用紙が届いたが(普通郵便で何通にも分けて)、とても支払う余裕も気力もなく放置、現在に至っている。

「今の給与」で「60才」まで支払い続けたら、見込額100万円。非正規雇用の人間に、そんな詐欺のようなありえない設定されても、と思ってしまうが、機械的に算出するには仕方がないのだろうな。

自分の場合は、十数年払ってない期間があるので100万は仕方がないにしても、世間の非正規雇用おひとりさま(女)はどんなもんなんでしょう?ちょっと興味あるわ。

【旅行】TrelloとGoogle マイマップ

ここ数年の旅行の際、TrelloとGoogle マイマップは必需品である。どちらもクラウドシステムなので、

  • 同行者と簡単に共有ができる
  • パソコン・iPadiPhoneで作業が可能

である。

まず、Trello。これは超オススメである。

Trelloは、カードを動かしながらタスクを視覚的に管理できるかんばん形式のツールです。必要な情報を共有し、チームの誰もが進行状況をすぐに把握することができます。

 こんな感じ。

f:id:miwab:20190114140006j:plain

旅行の行動プラン作成時の私の使い方は、

1.行きたい場所カードをガンガン作成
カードの中には、添付ファイルやリンク、コメント等をガンガン保存できるので、基本的に
・行きたい場所のイメージ写真
Google マップのリンク(このリンクはマイマップへのリンクではなく、通常のGoogle マップへのリンク→理由は後で)
のふたつは必ず保存するようにしている。

「行きたい場所のイメージ写真」を保存するのは、視覚的にも実用的にもオススメ。視覚的にはカードの見た目が美しいこと。実用的には、現地でタクシーの運転手さんに見せたり(写真でわからなければGoogle マップを見せる)、あと、これは良くあることなのだが、『Google マップ上では、目的地近くにいるはずなのに、目的建物等がわからない』時に、道端の方に見せて教えてもらったり、という感じ。

2.ある程度行きたい場所カードが出揃ったら、日付リストを作成し、そこにカードを並べていく
並べては、地図を見て、入れ替えてを繰り返し、行動イメージを作っていく。

という感じである。

Trelloは、本来タスク管理アプリであるから、進捗管理はもちろんアーカイブ機能もあり、ラベルも付与でき、チェックリストも作成でき、これが無料というのは驚きである。

 

そして、Google マイマップは有名なので、説明の必要はないな。こんな感じ。

f:id:miwab:20190114145108j:plain

 主に細かい飲食点やSPAなんかをガンガン追加して行って、現地で現在地付近に目をつけた所があるか、見る感じ。(絶対行きたいところはTrelloにカード追加)

使用経験のある方ならご存知の通り、Google マイマップは、ちょっと使いにくい。

まず、iPadiPhoneで表示する際、Google Maps→メニュー→マイプレス→マップ→目的のマイマップという数ステップが必要であること。

二つ目に、Google マイマップで追加した凡例のGoogle上の詳細情報がでてこない←これが、Trelloで「このリンクはマイマップへのリンクではなく、通常のGoogle マップへのリンク」を保存する理由

Google マイマップが使いづらく、Trip Adviserの旅リストなどを併用したりもしてみたが、フリー旅行では経路案内が出せないのが致命的。

 

なんだかんだ言っても、かつてガイドブックの地図しか頼る情報がなかった頃に比べれば、格段の進化である。文明の利器に感謝。

【記録24】側面比較

宇津木式7ヶ月目、そしてレーザーフェイシャル5回済。本日は、側面拡大比較。

医療レーザーフェイシャル5回でこの程度。シミ取り専門レーザーではないし、自分では以外にシミ・ソバカスが減っていると思っているが、どうなんだろう。ほくろも薄くなってるな。

肌全体の色味は確実に白っぽく、透明感が出てきている。これは、宇津木式スキンケアで「肌をこすらなくなった」からかもしれない。いいことだ。残念ながら毛穴はあまり変化なし。

 

①2018年7月 → ②2019年1月

f:id:miwab:20190113142955j:plain
f:id:miwab:20190113141940j:plain
① → ②

【記録23】宇津木式7ヶ月目突入

年が明け、宇津木式も7ヶ月目に突入した。

先週のレーザーフェイシャル照射後の痒みもやっと鎮静した。今回、脱毛目的で強めに当ててもらった口周りのかさつきもひどかったが、それも落ち着きつつある。シミ・ソバカス部分は茶色い薄いカサブタ状になっていたり、色が濃くなっている箇所もあるがこれも徐々に引いてくるだろう。

去年は、5回の医療レーザーフェイシャル(当初目的は脱毛でシミはおまけ)と奮発したが、今年は産毛脱毛状況を見ながら年2~3回にする予定である。

一方、宇津木式スキンケアは、「ご本」の通り、スキンケアなし、ファンデーションなし、お湯or純せっけん洗顔で過ごしている。旅行中や長時間の運転時など、太陽を浴びる予定の時に日焼け止めを塗るくらい。この半年、すっぴんで仕事に行ける図太い神経の自分に驚きである。

もうひとつ、宇津木式スキンケアの効果を高めるため始めた湯シャンは6ヶ月目突入。薄毛に悩んでいたわけではなかったのでそっちの効果は不明だが、傷んでいた髪の毛は見事に再生しつつある。きっと肌にもいい効果がでていると思う。

ただ、ヘアカラーではなく、宇津木式湯シャンおすすめのヘアマニキュアは、私のように白髪がこっちに1本、あっちに1本という程度だと、ちゃんと染まらない(ようだ)。ヘアマニキュア直後(もちろん美容院で実施)に見ても全然染まってない。だからといってまたカラーに戻るのはもったいない。目下悩み中である。

 

①2018年06月(宇津木式開始前)
②2018年12月
③2019年01月(レーザーフェイシャル5回目実施1週間後)

f:id:miwab:20181229100300j:plain
f:id:miwab:20181201093014j:plain
f:id:miwab:20190106100449j:plain
① → ② → ③