miwab’s blog

年金見込額100万(独身貯蓄0)でどうやって生きていこうか悩み中の51才

【記録27】肌質とシミの経過を見てみる

転職をしたのだが、仕事引き継ぎ元の方と合わない。続けられるか不安だ。

まぁ、仕方ない、自分で選択した結果だ。

 少しモチベーションを上げるために、『宇津木式&レーザーフェイシャル』を始める前とのお肌とシミの経過を見てみた。

f:id:miwab:20190407122310j:plain
f:id:miwab:20190407122207j:plain
f:id:miwab:20190407122040j:plain
10ヶ月前 → 4ヶ月前 → 今日

 「ここ半年は余り変化がないなぁ」と思っていたが、4ヶ月前と比較すると

  • 一番大きなシミの輪郭が少し薄くなっているように見える
  • クマ部分のちりめんジワが薄くなってる
  • 毛穴が減っている(ような気がする)
  • 肌が白っぽくなっている(ような気がする)
  • クマが目立ってる(肌が白っぽくなっているからか?)

最近心掛けているのは、なるべく低い温度での洗顔。もちろん、ノースキンケア、ノーメークで過ごしている。最後に顔に何かを塗ったのは…そう、インド旅行中の日焼け止めだ。我ながら、こんなシミだらけの顔でよくノーメークでいられるなぁ、と感心する。慣れは恐ろしい。

12ヶ月経過後の変化を楽しみにしよう。

wellow card manaca(ウィロー カード マナカ)初使用とMoney treeとの相性悪っ!

先日作った「wellow card manaca(ウィロー カード マナカ)」を初めて地下鉄の改札にタッチしてみた。

ちゃんと設定した通り、ピッとした瞬間、改札の画面表示が『チャージ3,000』になってとおりましたよ。安心安心。これで4/1から安心して使いましょう。

と、ここでひとつ大問題。「wellow card manaca(ウィロー カード マナカ)」ではなく、どうやらオリコカード全般の問題みたいだが、Money treeに登録しても

毎回毎回毎回画面認証を求められる

ストレス満載だ。結局オリコカード設定の更新頻度を

「毎週、アプリ起動時に更新しない

に変更した。

私は「wellow card manaca(ウィロー カード マナカ)」は、マナカにしか使用しないからまだ許せるが、オリコカードをメインにしていてるMoney tree ユーザーは怒り爆発では?

私のようにほぼ現金を使用していない人間にとっては、日々のカード使用履歴の確認はかかせない。

「そんなのカード会社のアプリで確認すればいいじゃん?」と言われそうだが、それは違う。把握したいのは「各カードの使用履歴」ではなく、自分が「何にいくら使って、口座と合算したときの資産状況」である。

なんとか改善されないものか…。

ちなみに、チャージ使用から5日目だが、まだ「未確定分」にも反映されていない。

wellow card manaca(ウィロー カード マナカ)を作る

勤務先は極力「車で通勤できるところ(=自分で駐車料金を払ってもやっていけそうなところ)」をチョイスしてきた結果、ここ十数年「公共交通機関での通勤」をしたことがなかった。しかもApple Payが始まってすぐにsuicaを使いだしたので、たまのバス・地下鉄や新幹線のスマートEXも何の不便もない。クレジットカードからチャージできる、残高が手元で確認できるApple Pay suicaの便利さに慣れてしまっている。

諸般の事情により、4月から地下鉄通勤をすることになった。

さて、毎日通勤で地下鉄を使う場合、manacaカードだと10~12%割引(ポイントバック)というものがあると教えてもらった。1割引は大きい。それでは、manacaカードにせねば、と探したがどこかにいってしまった。見つからない。

『仕方がない、manacaを新しく作るか』といろいろ調べてみると…

普通のmanacaカードって“いまどき”クレジットカードチャージできないのね。もちろん、オートチャージなんてとても無理無理無理。

でもマナカのオートチャージサービス wellow card manaca/wellow cardというのを作れば、オートチャージもできるらしい。

このwellow card manaca はオリコのクレジットカードだ。クレジットカードは各ブランド1枚にして快適に運用していた。新たに作りたくない。しかもオリコって、51才の自分にとっては消費者金融のイメージが強い。最近はTVCMバンバン流しているみたいだけれども…。だが、いちいちATMから現金を引き出して、駅でチャージする手間はなんとも煩わしい。悩んだ末、オートチャージ+クレジットカード決済の魅力に負け、WEBから申し込み。恐るべしオリコ、キャッシングなしで申請したら、ほんとうになくていいの?いざという時便利よ、って再確認されたわ。ブランドはVISAにしてみた。VISAにした理由は、以前、国内の観光地で「VISAオンリー」のタクシーで「Sony bank wallet」で決済できないことがあったから。VISAデビットはそんなこともあるのね~。

Web申し込みを完了すると、「申込受付完了メール」より、「カード発行手続き完了」メールの方が先に届くという珍事を体験し、カードが届くのを待つこと10日。本人限定受取郵便物でやっとカードが届く。

クレジットカードなのにエンボスじゃない。なんだかちょっと安っぽい。カード券面は星空なんかより、普通のmanacaカードの黄色いお月さまニコちゃんにVISAマークだけにして欲しいものだ。個人的にはsuicaの「ペンギン」よりmanacaの「黄色いお月さまニコちゃん」の方が好きだ。

wellow card manaca 申し込み時にオートチャージ設定したはずだから、これで地下鉄の改札を通れば3,000円チャージされるんだよね?

不安だが、4/1の初出勤まで、特に地下鉄に乗る用事がない。さすがに4/1朝に改札で止められるのは幸先が悪すぎる。周りの方々にも大迷惑だ。

仕方がない、manacaを試すために地下鉄で桜でも見に行くか。

湯シャン実践中、ヘナにチャレンジ

湯シャンを始めて半年余り。頭皮に関しては、フケにも臭いにも悩まされず、至極順調である。

ただ、悩みは2点。

  • スタイリング剤が使えない
  • 極わずかな白髪が気になる

「スタイリング剤が使えない」ことはほぼあきらめている。問題は「極わずかな白髪が気になる」点である。

湯シャンにする前は、数ヶ月に1回、白髪染めではない普通のヘアカラーを美容院で施してもらっていた。湯シャンにしてからは、もちろんカラーはしていない。白髪のレベルは、後頭部に1本、分け目に1本…という極わずかなレベル。数ヶ月前、美容院で「ヘアマニキュア」をしてみたが、2週間くらいで白髪は白に戻ってしまった。この程度の白髪状態で、美容院に行くたびに「ヘアマニキュア」なんて、頭皮にもお財布にもダメージだ。

そこで、自宅ヘナを試してみることにした。湯シャンとヘナは相性がいいらしい。Amazonで Naiad(ナイアード) ヘナ 100% 100gを購入。白髪は極わずかなので赤茶になるだけでOKと判断し、木藍の入っていないものをチョイス。

自宅で髪を染めたこともなく、ちゃんとできるか不安だったが、以外に簡単。

  1. 髪全体を濡らす
  2. 粉をお湯で溶く(ベリーショートなのでとりあえず50g使用)
  3. 手袋をして、ヘナを手づかみで髪と地肌ににモミモミ、モミモミ
  4. 頭にサランラップ、タオル、使い捨てキャップを装着
  5. 40分待つ
  6. 洗い流す
  7. タオルドライの後自然乾燥

本当は、40分待つ前にドライヤーで温めるらしいが、面倒で省いてしまった。

結果、白髪、ちゃんと「薄い赤茶(金色っぽい)」になってる!

薄い赤茶になるだけで、結構目立たなくなるもんですな。

ヘナ後の髪の状態は、乾いた直後はものすごくパサツク感じだったが、ひと晩経った今は普段と変わらない潤い状態だと思う。バッチテストもせずにやってしまったが、幸い特に痒みもない。自宅で「普通の白髪染め」や「カラー」をしたことがないので比較はできないが、ヘナを手づかみで適当に(地肌についてもかまわず)モミモミするだけでいいのはとっても楽ちん。タオルについたヘナも普通に洗濯で落ちたし。

初めてのヘナの場合は、間隔をおかずにもう1回行うといいらしいので、来週、残り50gで再度実施しよう。「薄い赤茶(金色っぽい)」から「赤茶」くらいになるかしら?