miwab’s blog

年金見込額100万(独身貯蓄0)でどうやって生きていこうか悩み中の51才

wellow card manaca(ウィロー カード マナカ)を作る

勤務先は極力「車で通勤できるところ(=自分で駐車料金を払ってもやっていけそうなところ)」をチョイスしてきた結果、ここ十数年「公共交通機関での通勤」をしたことがなかった。しかもApple Payが始まってすぐにsuicaを使いだしたので、たまのバス・地下鉄や新幹線のスマートEXも何の不便もない。クレジットカードからチャージできる、残高が手元で確認できるApple Pay suicaの便利さに慣れてしまっている。

諸般の事情により、4月から地下鉄通勤をすることになった。

さて、毎日通勤で地下鉄を使う場合、manacaカードだと10~12%割引(ポイントバック)というものがあると教えてもらった。1割引は大きい。それでは、manacaカードにせねば、と探したがどこかにいってしまった。見つからない。

『仕方がない、manacaを新しく作るか』といろいろ調べてみると…

普通のmanacaカードって“いまどき”クレジットカードチャージできないのね。もちろん、オートチャージなんてとても無理無理無理。

でもマナカのオートチャージサービス wellow card manaca/wellow cardというのを作れば、オートチャージもできるらしい。

このwellow card manaca はオリコのクレジットカードだ。クレジットカードは各ブランド1枚にして快適に運用していた。新たに作りたくない。しかもオリコって、51才の自分にとっては消費者金融のイメージが強い。最近はTVCMバンバン流しているみたいだけれども…。だが、いちいちATMから現金を引き出して、駅でチャージする手間はなんとも煩わしい。悩んだ末、オートチャージ+クレジットカード決済の魅力に負け、WEBから申し込み。恐るべしオリコ、キャッシングなしで申請したら、ほんとうになくていいの?いざという時便利よ、って再確認されたわ。ブランドはVISAにしてみた。VISAにした理由は、以前、国内の観光地で「VISAオンリー」のタクシーで「Sony bank wallet」で決済できないことがあったから。VISAデビットはそんなこともあるのね~。

Web申し込みを完了すると、「申込受付完了メール」より、「カード発行手続き完了」メールの方が先に届くという珍事を体験し、カードが届くのを待つこと10日。本人限定受取郵便物でやっとカードが届く。

クレジットカードなのにエンボスじゃない。なんだかちょっと安っぽい。カード券面は星空なんかより、普通のmanacaカードの黄色いお月さまニコちゃんにVISAマークだけにして欲しいものだ。個人的にはsuicaの「ペンギン」よりmanacaの「黄色いお月さまニコちゃん」の方が好きだ。

wellow card manaca 申し込み時にオートチャージ設定したはずだから、これで地下鉄の改札を通れば3,000円チャージされるんだよね?

不安だが、4/1の初出勤まで、特に地下鉄に乗る用事がない。さすがに4/1朝に改札で止められるのは幸先が悪すぎる。周りの方々にも大迷惑だ。

仕方がない、manacaを試すために地下鉄で桜でも見に行くか。

湯シャン実践中、ヘナにチャレンジ

湯シャンを始めて半年余り。頭皮に関しては、フケにも臭いにも悩まされず、至極順調である。

ただ、悩みは2点。

  • スタイリング剤が使えない
  • 極わずかな白髪が気になる

「スタイリング剤が使えない」ことはほぼあきらめている。問題は「極わずかな白髪が気になる」点である。

湯シャンにする前は、数ヶ月に1回、白髪染めではない普通のヘアカラーを美容院で施してもらっていた。湯シャンにしてからは、もちろんカラーはしていない。白髪のレベルは、後頭部に1本、分け目に1本…という極わずかなレベル。数ヶ月前、美容院で「ヘアマニキュア」をしてみたが、2週間くらいで白髪は白に戻ってしまった。この程度の白髪状態で、美容院に行くたびに「ヘアマニキュア」なんて、頭皮にもお財布にもダメージだ。

そこで、自宅ヘナを試してみることにした。湯シャンとヘナは相性がいいらしい。Amazonで Naiad(ナイアード) ヘナ 100% 100gを購入。白髪は極わずかなので赤茶になるだけでOKと判断し、木藍の入っていないものをチョイス。

自宅で髪を染めたこともなく、ちゃんとできるか不安だったが、以外に簡単。

  1. 髪全体を濡らす
  2. 粉をお湯で溶く(ベリーショートなのでとりあえず50g使用)
  3. 手袋をして、ヘナを手づかみで髪と地肌ににモミモミ、モミモミ
  4. 頭にサランラップ、タオル、使い捨てキャップを装着
  5. 40分待つ
  6. 洗い流す
  7. タオルドライの後自然乾燥

本当は、40分待つ前にドライヤーで温めるらしいが、面倒で省いてしまった。

結果、白髪、ちゃんと「薄い赤茶(金色っぽい)」になってる!

薄い赤茶になるだけで、結構目立たなくなるもんですな。

ヘナ後の髪の状態は、乾いた直後はものすごくパサツク感じだったが、ひと晩経った今は普段と変わらない潤い状態だと思う。バッチテストもせずにやってしまったが、幸い特に痒みもない。自宅で「普通の白髪染め」や「カラー」をしたことがないので比較はできないが、ヘナを手づかみで適当に(地肌についてもかまわず)モミモミするだけでいいのはとっても楽ちん。タオルについたヘナも普通に洗濯で落ちたし。

初めてのヘナの場合は、間隔をおかずにもう1回行うといいらしいので、来週、残り50gで再度実施しよう。「薄い赤茶(金色っぽい)」から「赤茶」くらいになるかしら?

Amazon、時間指定なのに配送がデリバリープロバイダだった!

AmazonはPrime会員である。

Prime会員になったきっかけは「時間指定が無料」→「時間指定にするとほぼすべての荷物をヤマトが配達してくれるから」である。ミュージックやビデオよりも、こういう理由(極力ヤマトに配達して欲しくて)でPrime会員になっている人も多いのではないか?

それなのに、今回、時間指定した荷物がヤマトでなく「デリバリープロバイダ」だった。Prime会員になって4~5年、はじめての出来事である。当然ヤマトだと思っていたため、『ピンポ~ン、Amazonで~す』と配達されて驚いてしまった。

まぁ、今回の「デリバリープロバイダ」さんは小奇麗なお兄ちゃんで、ギリギリ時間内に配達してくれたからいいけれども、ヤマト以外の配送業者には、散々イヤな目にあっているだけに恐ろしい。配達人がタバコ臭いボロボロの作業着を着たお爺さんだったり(勿論荷物のダンボールはタバコ臭い)、時間指定でも何の連絡もなく持って来なかったことは1度や2度ではない。

 時間指定配達に対応できる程「デリバリープロバイダ」の質と量が育ってきた、と前向きに解釈してよいのか。不安だ。

Alexaが出来なくてびっくりしたこと

Alexaには出来ないことがたくさんある。その中で、「何となく」や「当然」できるだろうと思っていたのに、実際には出来なかったことを挙げてみる。

 

 ●お買い物リストの削除

買い物から帰ってきて、買ってきた物を片付けながら

 「アレクサ、買い物リストから○○消して」

   →「リストの項目は、アレクサアプリのリストセクションで削除できます」

なぜ?聞き取った音声と文字情報の照合ができないの?それとも別の事情?おしいですな。

 「アレクサ、買い物リストに○○追加して」
 「アレクサ、今買い物リストに何がある?」

は、ものすごく便利に使えるのに。

 

●Kindle読み上げ、前回終了箇所からの再生

 

●電話をかける

 「アレクサ、○○に電話して」

  →「○○はアレクサコールに登録していません…」

Siriでできるもので、ついやってみた。Alexa使用者同士じゃないとダメなのね。残念。

 

●経路の検索

 「アレクサ、ここから○○までの行き方は?」

  →「すいません、交通情報をお知らせすることはまだ出来ません」

まだ”ということはいずれ対応するのか。スキルを入れろということか。可能であればスキルではなく、標準機能で対応していただきたいものだ。あるいは、Googleスキルなんてあったら、有料でもAlexaに搭載する人が続出するんでは?まぁ、そんなスキルの搭載はAmazon様のプライドが許さんか。

 

今はこれくらいかな。