miwab’s blog

年金見込額100万(独身貯蓄0)でどうやって生きていこうか悩み中の51才

Amazon、時間指定なのに配送がデリバリープロバイダだった!

AmazonはPrime会員である。

Prime会員になったきっかけは「時間指定が無料」→「時間指定にするとほぼすべての荷物をヤマトが配達してくれるから」である。ミュージックやビデオよりも、こういう理由(極力ヤマトに配達して欲しくて)でPrime会員になっている人も多いのではないか?

それなのに、今回、時間指定した荷物がヤマトでなく「デリバリープロバイダ」だった。Prime会員になって4~5年、はじめての出来事である。当然ヤマトだと思っていたため、『ピンポ~ン、Amazonで~す』と配達されて驚いてしまった。

まぁ、今回の「デリバリープロバイダ」さんは小奇麗なお兄ちゃんで、ギリギリ時間内に配達してくれたからいいけれども、ヤマト以外の配送業者には、散々イヤな目にあっているだけに恐ろしい。配達人がタバコ臭いボロボロの作業着を着たお爺さんだったり(勿論荷物のダンボールはタバコ臭い)、時間指定でも何の連絡もなく持って来なかったことは1度や2度ではない。

 時間指定配達に対応できる程「デリバリープロバイダ」の質と量が育ってきた、と前向きに解釈してよいのか。不安だ。

Alexaが出来なくてびっくりしたこと

Alexaには出来ないことがたくさんある。その中で、「何となく」や「当然」できるだろうと思っていたのに、実際には出来なかったことを挙げてみる。

 

 ●お買い物リストの削除

買い物から帰ってきて、買ってきた物を片付けながら

 「アレクサ、買い物リストから○○消して」

   →「リストの項目は、アレクサアプリのリストセクションで削除できます」

なぜ?聞き取った音声と文字情報の照合ができないの?それとも別の事情?おしいですな。

 「アレクサ、買い物リストに○○追加して」
 「アレクサ、今買い物リストに何がある?」

は、ものすごく便利に使えるのに。

 

●Kindle読み上げ、前回終了箇所からの再生

 

●電話をかける

 「アレクサ、○○に電話して」

  →「○○はアレクサコールに登録していません…」

Siriでできるもので、ついやってみた。Alexa使用者同士じゃないとダメなのね。残念。

 

●経路の検索

 「アレクサ、ここから○○までの行き方は?」

  →「すいません、交通情報をお知らせすることはまだ出来ません」

まだ”ということはいずれ対応するのか。スキルを入れろということか。可能であればスキルではなく、標準機能で対応していただきたいものだ。あるいは、Googleスキルなんてあったら、有料でもAlexaに搭載する人が続出するんでは?まぁ、そんなスキルの搭載はAmazon様のプライドが許さんか。

 

今はこれくらいかな。

【OS】JCBゴールド ザ・プレミアがきた!

JCBゴールド ザ・プレミアが到着した。

申し込み(2/28)から一週間(3/7)に不在通知で、今日(3/8)配達してもらった。

落ち着いた配色の券面にホレボレ。真ん中の満月も素敵。

やっぱり、カード券面って大事よね、と4枚のカードを並べて自己満足。

f:id:miwab:20190309094803j:plain

さて、サインを、と裏面を見たら、あら、裏面はゴールドと同じ金色なのね。表面の焦げ茶に合わせてくださったらいいのに。でも、裏面に記載の問い合わせデスクはゴールドとは別の番号になっている。ほぉっ、ちょっとだけ特別感。

MyJCBのお知らせメール配信もOFFに戻したし、後はプライオリティ パスを申し込もう。ただ、今Amexで入っているプライオリティ パスは解約した方がいいのか?重複して申し込んで問題ないのか?

まぁ、とりあえずプライオィティ パスの申し込み方法を確認すると、なんと、ホームページからダウンロードして工作して記入して送付だそうな。面倒だな。

確かAmexの時は、何かの用事でデスクに電話した時に、あちらから「そういえば○○様、プライオリティ パス 申し込まれてないようですが…」とお誘いを受けた。海外なんて、「せいぜい年に1~2回ですし」と遠慮したのだが、「ぜひお使いください、申込書送付しときますね」という流れだった。さすがAmex、おそらく海外でAmex使ってなくても、スーツケース無料送付使用実績で把握してるんだろうな。

JCBゴールド ザ・プレミア』は、ゴールドカードのオプションサービスだ、贅沢を言ってはいけない。ゴールドカードのオプションサービスなのに、プライオリティ パス使用時本人無料というのはすごすぎる。コンビニに行って印刷してこよう。

【OS】JCBゴールド ザ・プレミアを申し込む

メインのクレジットカードはJCB OS ゴールドである。 

MEMBER SINCE 1994。25年かぁ~。確か普通のJCBで始まり、ゴールドカードにしたのはいつだったのか、もう思い出せない。飽きっぽい性格なのに、よく持ち続けられたものだ、と関心する。

持っているクレジットカードは各ブランド毎に1枚。

  1. 【OS】JCBゴールド…JCB
    メイン。月額支払系他ほぼすべての決済に使用。もちろんApplePayのメインはQuicPay。還元率0.75%。
  2. Amazonクラシック…Master
    サブ。Amazonコストコ用。ApplePayのiDも一応登録。現在の還元率Amazon2%(プライムなので)、Amazon以外1%。
  3. American Express(グリーン)…Amex
    ほぼ海外旅行用のお守り。使ったことはないが、プライオリティパスも発行してもらっている。還元率0.3%くらい。
  4. Sony Bank WALLET…VISA
    主にsuicaチャージで使用。使用したことはないが、海外で現地通貨ATM引き出し用。還元率0.5%。

つい最近、JCBのホームページで「JCBゴールド ザ・プレミア」という素敵なカードがあると知る。カードの券面も落ち着いた感じで素敵(ゴールドの金色はちょっと派手すぎて苦手だった)。プライオリティパスもAmexのより良い条件。しかもポイント還元率も少しだけアップ。なんだか良いことばっかりじゃないですか。

年間100万円使用を2年間で招待されるらしい。メインカードのJCBはずーっとスターαで、毎年年間100万は軽く越えている。MyJCBも開始当初から登録してるのに、なぜ「ご招待」されない?

ホームページの案内に従ってMyJCBの設定を確認してみたところ、「すべてのお知らせメールをOFF」にしていたためのようだ。そういえばここ数年、JCBから郵送系DMもメールも全く受け取っていない気がする。早速、ご招待」に必要なメールをONに設定。すると、月に数通「MyJCB Express News」などのメールが届くようになった。ウザイが、「ご招待」までの我慢だ、ということで、招待日2019/2/27日を迎えた。

1日待ってみたけれど、メールがこない。。。
ホームページには2/27と2/28と書いてあるから、もう1日待ってみるか。。。

無事、2019/2/28 10:31に
JCBからの大切なお知らせ】「JCBゴールド ザ・プレミア」のご招待
メールが到着。速攻申し込み。でも、ご招待メールを2日間に分ける意図はなんだろう?申し込み殺到でのMyJCBアクセス分散のためかしら?
2日目だと「後回しにされた」ようで、なんだか劣等感だわ。25年もJCB愛を貫いているのに…。

2019/3/1 夕方頃 MyJCBのカード券面が「ゴールド ザ・プレミア」に変わっているのを確認(朝一番ではまだ「ただの」ゴールドだった)。
2019/3/2 Money Tree のカード名が「【OS】ゴールド ザ・プレミア」に変わる。早いな。
Apple Payのカード券面は4月末らしい。

さて、カード到着はいつになるか。カードが到着したら、さっさと「すべてのお知らせメールをOFF」に戻そう。