miwab’s blog

将来に不安を抱えながらおひとりさまを楽しむ50才

超加工食品のリスク

超加工食品とは

「砂糖や塩、油脂を多く含み、保存料などが添加されており、きっちり包装されて日持ちも良い食品」

だそうです。

style.nikkei.com

気になったのは、

加熱により発がん性物質が生成される成分

 と

食品に直接触れる包装材料にも発がん性のある物質や内分泌かく乱物質などが含まれている場合

 の記載。ちょっと検索してみたけど、“加熱により発がん性物質が生成される成分”は「アクリルアミド」という物質のことかしら?“食品に直接触れる包装材料”はラップやフィルム?

普段、加工食品はあまり摂らないようにしてはいるけれども、ストレスが溜まったりすると(数週間に1回くらいかな)、出前やコンビニ食品をドカ食いをしてしまう。興味深いことに、コンビニ食品をドカ食いした夜から翌日にかけてはひどい鼻炎となる。薬を飲まなければティッシュ半箱を24時間で使ってしまうくらいの鼻炎である。出前(チョップドサラダ、寿司、ピザ、カレー)だとそこまでひどくない。自炊だとほとんど鼻炎はでない。
ということは、コンビニ食品によって体内に入った何かが攻撃されているということであろう。

最近、この本をきっかけに、数年ぶりにらでぃっしゅぼーやを再開し「なるべく」自炊生活をしているので、コンビニ食品との落差が大きすぎるせいかも。

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

 

 安全度は
 自炊 >>> 外食 > 出前> スーパー惣菜 ≧ コンビニ惣菜 >> 超加工食品
っていう感じかしら。
それにしても、こういう内容があまりテレビで取り上げられないのは、やはりスポンサーの関係もあるのかな。