miwab’s blog

将来に不安を抱えながらおひとりさまを楽しむ50才

宇津木式スキンケアを始める

昨日から宇津木式スキンケアを始めた。

 きっかけは、顔の産毛の脱毛目的で試したレーザーフェイシャルが思ったよりもシミに効いたこと!

子供の頃はソバカス、大人になってからはシミとホクロに悩まされ、若い頃から、
 お高い基礎化粧品でしっかりケア
 お金に余裕があればエステで美顔
 しっかりベースメーク
をしてきた。30代半ばくらいまで「(シミはあっても)キレイなキメのお肌ですね」とどこに行っても褒められたのに、40歳を過ぎたら頃から、毛穴は広がり、シミはどんどん濃くなり、キメも荒く...見るも哀れ。もう、ケアする気もどんどん失せて、最近は基礎化粧品はかろうじてドモホルンリンクルを使っているが、お化粧は超適当に過ごしていた。そんな時脱毛目的のレーザーフェイシャルを受け、今日でまだ1週間目だが、シミが薄くなったり、消えてるものもあり驚き!

一体、今まで使ってきた美白化粧品の数々はなんだったのか?
疑問に思いながらネットサーフィンをしていて、たまたま辿り着いた「宇津木式」なるスキンケア、早速Amazonで本を買って熟読。

 一番納得したのは「目の下のクマ(色クマ)」の件。小さい時からうつぶせ寝&目を擦る癖もあり、思春期の頃には立派な「茶クマ」と「小皺」が出来上がっていた。様々な美容液を試し、エステにも行ったが「茶クマ」と「小皺」は悪化するばかり。原因は、摩擦とコンシーラーとクレンジングのせいに違いない。きちんとベースメークの基本としてクマ用コンシーラーは常に使用していたし。

宇津木式でしばらく経過を見てみようと思う。