miwab’s blog

将来に不安を抱えながらおひとりさまを楽しむ50才

純せっけん洗顔とぬるま湯洗顔

宇津木式スキンケア実施中(約1ヶ月)である。

皮向けはまだあるものの、「何もしない状態」でシワ・シミ・ハリに関しては悪化もせず、もしかしたら鼻の毛穴は少し目立たなくなったかも?という感じである。何度も言うが、何もスキンケアせずにこの状態ということは、今までの「ケア」がいかに無駄だったか…。

さて、洗顔について。この1ヶ月、ほぼルースパウダー(ゲランかエトヴォス)で過ごしているが、どうもぬるま湯洗顔だと肌にも少しパウダーが残ってる感じで、洗顔後の乾燥がキツい(気がする)。宇津木式では「皮膚に多少残った粉などは垢といっしょに落ちるから気にしない」となっているが、鱗状に頬のシワに入り込んだようにみえる粉はとても気になる。翌朝には残っていない(ようにみえる)。

純せっけん洗顔にすると、洗い上がりもツルツルして、乾燥もほどほどである。使っている純せっけんは

無添加 白いせっけん3P

無添加 白いせっけん3P

 

 である。

しばらく、純せっけんとぬるま湯の間で試行錯誤してみようと思う。