miwab’s blog

将来に不安を抱えながらおひとりさまを楽しむ50才

「コンタクト+老眼鏡」から「眼鏡」生活になる

目が悪い。コンタクトの度数は-8.0、視力検査では0.02か0.03くらいか。

ずーっとコンタクトレンズを24時間装用(寝る時も)していたが、さすがに40代中頃から目がつらくなり、ワンデイに変更し40代後半から老眼になり、コンタクト+老眼鏡生活を送っていた。昔から、眼鏡の矯正視力はがんばっても1.0に遠く及ばず(コンタクト強制視力は1.2くらいいけるのだが)、よっぽどの緊急事態以外眼鏡を使うことはなかった。なぜ眼鏡とコンタクトの強制視力にここまで差があるのかはわからないが、遺伝(?)だと思っている。父親も私と同じように目が悪いのであるが、若い頃(50年くらい前)眼鏡では運転免許の視力検査に通らず、泣く泣く諦めたと聞いている。20年程前にコンタクトで念願の免許を取ったが、50代だったこともあり学科と実技で大層苦労したようだ。

さて、1年程前、コンタクト+老眼鏡生活をしばらくしていたある日、目が見難いな、目やにかな、と思って目にティッシュを当てたところ、目から鮮血が…。慌てて目医者に行き、ちょっと血管が切れただけで問題はなかったが血が消えるまでしばらくコンタクト禁止令が出、翌日泣く泣く眼鏡で出勤しお仕事。眼鏡は数年前、眼鏡市場で作ったゼログラ。矯正視力は0.7いけるかどうか、という程度。

ところが、この眼鏡でのお仕事が以外に快適で。基本的にデスクに座りパソコンに向かっていることが多い職種なので、遠くを見ることはあまりなく、眼鏡視力0.7で問題ない。しかも、眼鏡視力だとそのままの状態でパソコン画面や書類がほぼ鮮明に見れる!そういえば、今まで、仕事中はほぼ老眼鏡かけっぱなしだったなぁ。

そうそう「見た目」を重視する年齢ではないし、分厚いレンズの眼鏡生活突入である。

数年前作ってほとんど使っていなかった「ゼログラ」、昔の眼鏡に比べればとても軽く、鼻パッドの皮膚への陥没跡も少なくいい感じである。慣れれば階段を降りる時に気を付けるぐらいで日常生活は問題ない。商品の値札も老眼鏡なしで見えるし。

ただ、1点、車の運転だけは怖い。使っているゼログラは、ゼログラの中でも最軽量のものを選んでいるためレンズも小さい。30年間、コンタクトで運転していたこともり、見難さ、視界のせまさ(目を動かしただけではレンズ外の左右前後が見えない)が恐ろしく、車の運転は極力コンタクトにするという不都合な状態に陥ってしまった。そこで、お安くて人気という評判のJINSで車運転用度付きサングラス(レンズ大きめ)を誂え(矯正視力1.0弱)解決。フレームより数ミリレンズの厚みがはみ出ているが、サングラスだし気にしないことにする。やはり大きなレンズの眼鏡は視界が広くて運転しやすい。

以来1年、平日は眼鏡、休日や旅行のお出かけはコンタクト+老眼鏡で落ち着いた。年をとったことを実感する日々の変化のひとつである。