miwab’s blog

将来に不安を抱えながらおひとりさまを楽しむ50才

ボディのぬるま湯洗い

宇津木式スキンケアを始めて1ヶ月以上経過。ボディもぬるま湯で洗っている。

この時期、ボディのぬるま湯洗いは若干不安だったが、なんと、顔より全然問題がなかった。

今までは、朝シャンだったため、朝、しっとり用ボディソープ+豚毛ブラシで洗った後、ボディミルク(膝から下・肘から下)を使っていた。夏でも、ボディミルクを怠るとスネや足のかかとはカサカサしてくるという状態だった。
夜は顔洗うと同時に身体をシャワーで軽く流(実は、洗面台で顔を洗うことが苦手で、いつもシャワーで顔とボディを洗う)し、足裏やデリケートゾーンはボディソープで手洗い。

で、ここ1ヶ月、朝晩、ぬるま湯シャワー+手のひらでやさしく「なで洗い」に変更。

脇もデリケートゾーンもぬるま湯シャワー洗い。毎日、匂いがしないか確認する。脇に鼻を近づけクンクン、帰宅して脱いだ下着をクンクン、朝起きてパジャマをクンクン。

驚いたことに、

  • 以前より、匂いがしない!
  • 足も腕も背中もサラサラしている
  • 以前より、肌が水をはじいている!
  • スネに何もつけなくても痒くならない
  • 汗をかいても下着あとが痒くなることがない(今のところ)
  • 背中や首の後ろの痒みもなくなった(←これはせっけんシャンプーに変えたことが大きいかもしれない)

今まで、ボディソープと豚毛ブラシで、どんだけ肌の角質を破壊していたのか…。その破壊した肌に、ボディミルクで追い打ちをかけ…。そりゃぁ痒くもなりますわ、ってことだ。首とデコルテなんて、ボディソープ+豚毛ブラシで洗った後、洗顔ソープでも洗って、しかも基礎化粧品バンバンにつけていた。いったい、どこまで痛めつければ気が済むのか、って感じだな。ごめんなさい、首とデコルテさん。その首とデコルテもサラサラですわ(シミはあるけどな)。

ボディは顔に比べて破壊の度合いが極端に少ないので、効果が“すぐに”目に見えたということであろう。

冬を越さないと最終的な判断はできないが、ボディに関しては今の所“超”がつく程順調である。肌の新陳代謝が正常になって、腕や首のシミも薄くなってくれればうれしいな。