miwab’s blog

将来に不安を抱えながらおひとりさまを楽しむ50才

ライヴエイド

夏になると、なんとなく思い出すライヴエイド

中学生だった。未来は明るく、「何にでもなれる」「心がひとつになれば世界は変わる」と信じていて頃。田舎の中学生であった自分は、テレビにかじり付きながら、本当に世界はひとつなんだと思ったものだ。今でもWe Are The Worldなんて各パート誰が歌ってるかほとんどわかるもんな...

We Are The Worldが不意に流れてくると、本当に切ない気持ちになる。時に涙してしまう程。何が悲しいのか。「何者にもなれなかったことか」「心はひとつになれないし、世界は変わらないことか」

人間なんて変わらない。