miwab’s blog

将来に不安を抱えながらおひとりさまを楽しむ50才

【記録07】パウダーをやめてみる

7週間経過(宇津木式6週間経過)。

2週間前の第2回目レーザーフェイシャル(+ビタミンCイオン導入)後のカサブタはだいたい薄皮状態になった。ただ、まだ顎から頬にかけていくつか茶色いカサブタがしつこく残っている。新陳代謝悪すぎだな。

 さて、純せっけんとぬるま湯洗顔の間で試行錯誤をを繰り返して半月。

miwab.hatenadiary.jp

こんな真夏でも、純せっけん洗顔が続くと、肌がつっぱり皺っぽくなる。しかし、ぬるま湯洗顔後の粉のキラキラも気になる。

ということで、数日前からパウダーもやめてみた。

眉書いて、チークして、口紅塗って終わり。アイメークに関しては、もう数年前から特別な時や気が向いた時しかしていなかったので当然なし。休日にサングラス+眉だけはよくやるが、仕事となるとなかなかの勇気が必要であった。

決して「素肌に自信がでた」からパウダーをやめたわけではない。きっかけはこれ。

「ねぇ、みんな気づいてた?」1カ月間のノーメイク企画を会社の人についに告白。

このシリーズを読んで、こんなに若くて可愛い子でもこれくらいの周囲の認識であれば、50才のババアの顔なんてだれも凝視しない。と開き直った次第である。

案の定、誰にも何も言われない。仕事柄部署には男ばかりというのもあるが、トイレで出会う若い女の子達にも、接触する他部署の女性陣にも何も言われない。怖いだけかもしれないが、そもそも彼女達からみたら「女」のうちに入ってないから気にされてないはずだ。自分の若い時もオバサン達のことなんて見てなかったし。

これで基本ぬるま湯洗顔でいけそうだ。

パウダーなしでひとつ気付いたこと。シミ・シワよりも、毛穴・ムダ毛の方が気になる。 深いシワもちりめんジワもすっぴん肌で時間がたつと皮脂が浮いてきて(?)少し潤う。ただ、パウダーの光で飛ばしていた毛穴は隠せない。この辺りはまた深く観察してみようと思う。

 

f:id:miwab:20180623065909j:plain
f:id:miwab:20180805062637j:plain
① → ②

①7週間前 洗顔フォーム洗顔&ドモホルンリンクル フルコースお手当直後
  ↓ 7週間前レーザーフェイシャル 第1回 施術
  ↓ 6週間前宇津木式スキンケア開始
  ↓ 2週間前レーザーフェイシャル 第2回 施術
②本日朝 ぬるま湯洗顔