miwab’s blog

将来に不安を抱えながらおひとりさまを楽しむ50才

【記録08】クマについて

8週間経過(宇津木式7週間経過)。

頬骨付近のゴワゴワした皮剥けが治まらない。宇津木式の脱皮なのか、レーザーフェイシャルの脱皮なのか、ちょうどチークをつける位置のため、気になる。もしかしてチークのせいか?「枕シミ」の箇所なので、余計に治りが遅いのかもしれない。

さて、第2回レーザーフェイシャルから3週間弱、先日久々に顔全体に電気シェーバー「フェリエ」をすべらせた。前回「フェリエ」をしたのは1ヶ月前くらい、今回剃れた顔の産毛の量は、レーザーフェイシャルを開始する前の約1/3である。確実に減っている。さすが医療用レーザーフェイシャル。今の所、活性化されて太くなった毛も見当たらない模様。

 顔のシミ・そばかす・毛穴はというと、残念ながら写真でみるとあまり変化ない。50代の肌のターンオーバーは75日かかるという説もあるらしい。後2-3週間後か。 

ただ、写真では濃くなっているように見えるクマだが、肉眼では確実に薄くなってみえる。これは、宇津木式の効果だと思う。

  1. クマに無駄な基礎化粧品(クリームや美容液)を塗り込まない
  2. クマに下地やファンデーションやコンシーラを塗り込まない
  3. 2のおかげで、クマ部分のクレンジングが不要となった
  4. 1~3のおかげで、クマ部分をほとんどさわらなくなった

過去、化粧している時の『夜のクマ』はそれはそれはひどいものであった。茶色を通り越して焦げ茶状態。クレンジングで化粧を落として、基礎化粧品でお手入れしても赤茶色。そう、夜のお手入れ後は赤茶色だったなぁ、赤茶色ということは炎症もしてたってことかもしれない。

今は、朝も夕方も夜もクマの濃さは大差ない。朝と夜の差よりも、通常時と寝不足時の差の方がずっと大きい。

30数年の「丁寧なお手入れ」の害は大きい。どこまで改善されるか…

f:id:miwab:20180623065910j:plain
f:id:miwab:20180811090743j:plain
① → ②

 

①8週間前 洗顔フォーム洗顔&ドモホルンリンクル フルコースお手当直後
  ↓ 8週間前レーザーフェイシャル 第1回 施術
  ↓ 7週間前宇津木式スキンケア開始
  ↓ 3週間前レーザーフェイシャル 第2回 施術
②本日朝 ぬるま湯洗顔