miwab’s blog

将来に不安を抱えながらおひとりさまを楽しむ50才

ふるさと納税:<唐津・昭徳>旬魚のひと塩切身

ふるさと納税で『<唐津・昭徳>旬魚のひと塩切身』を頼んだ。

久々の大ヒットである。まだ、さわらとブリしか食べていないが、うまい。凍ったままヘルシオの「かんたん焼き」の強めでちょうどふっくらジューシーな焼き上がり。塩加減も丁度良い。ヘルシオ様々である。

ふるさと納税は、当初、肉やらチーズやら色々頼んでみたけれども、どれも可もなく不可もなくという感じであった。よって、最近は選ぶのも面倒になってきて、年に数回、一番当たり外れの少なそうな米を実家宛に送っていた。実家より、今年の新米はまだか、と請求され、去年おいしかったと言っていた『【2018年秋発送・平成30年新米】「伊彌彦米」栽培コシヒカリ10kg(5kg×2袋) 』を頼んだ時、たまたま見かけた『<唐津・昭徳>旬魚のひと塩切身』。

「塩だけ」であること、一切れごとの真空パック冷凍であることに惹かれ、衝動買いっぽく頼んでしまったが、大正解であった。同封のレシピには「薄塩なのでこのままムニエルや煮込みにも」と書いてあるが、もったいない。うまい魚は塩だけで充分である。

まだ、鯛もかんぱちもある。食べるのが楽しみだ。今年の残り分のふるさと納税で、もう一度リピートしよう。