miwab’s blog

将来に不安を抱えながらおひとりさまを楽しむ50才

食器洗いを純せっけんに変えてみたけれど

食器洗い洗剤がなくなった。

宇津木式スキンケアを始め純せっけんに関して色々調べているうち、世の中には「純せっけんで食器を洗っている」人も少なくないことを知り、ひとつ試してみることに。(TVCMを見ながら、「排水口の除菌もできる」食器洗い洗剤って、そんなんで食器洗っていいの?と思ったこともきっかけのひとつではある。)

ねば塾 白雪の詩 2個入り×2セット

ねば塾 白雪の詩 2個入り×2セット

 

一人暮らしであるし、もともと食器洗い時に「ため濯ぎ」はしないし、いけるかも、と試してみて、数ヶ月。

油もの以外の汚れ落ちには全く問題ないのだが…。

油ものを純石鹸で洗う場合、泡泡状態なら皿程度はだいたいいけるが、鍋は無理。必ず2度洗いがいる。しかも、純石鹸かす(?)と流れなかった油(?)で排水口ネットがすぐ詰まる。シンクも排水口自体も前より汚れる。「油ものは新聞紙やボロ布で拭き取ってから洗う」といいらしいが、ちょっと面倒。

こう考えると、普通の食器洗い洗剤の威力って恐ろしい程だな。純石鹸使用時に排水口ネットにたまっている物達も、水と一緒に流してくれているってことだよね。ちなみに、使用している排水口ネットは不織布タイプ。

純石鹸で食器を洗って良かった点は、手荒れ(主にササクレ)が少し減ったことと、洗いたてのステンレス製マグに水を勢いよく注いだ時妙な泡がでなくなったこと、の2点。この食器洗い洗剤使用時の妙な泡(きっと濯ぎ残り)、見つけると何度も濯ぎなおすのだが、なかなかなくならない。この妙な泡は純石鹸だと全く出ない。

2ヶ月純石鹸のみで頑張ってみたが、結局現在(3ヶ月目)は、油汚れ以外は純石鹸、油汚れは食器洗い洗剤という併用で落ち着いた。