miwab’s blog

年金見込額100万(独身貯蓄0)でどうやって生きていこうか悩み中の51才

【旅行】TrelloとGoogle マイマップ

ここ数年の旅行の際、TrelloとGoogle マイマップは必需品である。どちらもクラウドシステムなので、

  • 同行者と簡単に共有ができる
  • パソコン・iPadiPhoneで作業が可能

である。

まず、Trello。これは超オススメである。

Trelloは、カードを動かしながらタスクを視覚的に管理できるかんばん形式のツールです。必要な情報を共有し、チームの誰もが進行状況をすぐに把握することができます。

 こんな感じ。

f:id:miwab:20190114140006j:plain

旅行の行動プラン作成時の私の使い方は、

1.行きたい場所カードをガンガン作成
カードの中には、添付ファイルやリンク、コメント等をガンガン保存できるので、基本的に
・行きたい場所のイメージ写真
Google マップのリンク(このリンクはマイマップへのリンクではなく、通常のGoogle マップへのリンク→理由は後で)
のふたつは必ず保存するようにしている。

「行きたい場所のイメージ写真」を保存するのは、視覚的にも実用的にもオススメ。視覚的にはカードの見た目が美しいこと。実用的には、現地でタクシーの運転手さんに見せたり(写真でわからなければGoogle マップを見せる)、あと、これは良くあることなのだが、『Google マップ上では、目的地近くにいるはずなのに、目的建物等がわからない』時に、道端の方に見せて教えてもらったり、という感じ。

2.ある程度行きたい場所カードが出揃ったら、日付リストを作成し、そこにカードを並べていく
並べては、地図を見て、入れ替えてを繰り返し、行動イメージを作っていく。

という感じである。

Trelloは、本来タスク管理アプリであるから、進捗管理はもちろんアーカイブ機能もあり、ラベルも付与でき、チェックリストも作成でき、これが無料というのは驚きである。

 

そして、Google マイマップは有名なので、説明の必要はないな。こんな感じ。

f:id:miwab:20190114145108j:plain

 主に細かい飲食点やSPAなんかをガンガン追加して行って、現地で現在地付近に目をつけた所があるか、見る感じ。(絶対行きたいところはTrelloにカード追加)

使用経験のある方ならご存知の通り、Google マイマップは、ちょっと使いにくい。

まず、iPadiPhoneで表示する際、Google Maps→メニュー→マイプレス→マップ→目的のマイマップという数ステップが必要であること。

二つ目に、Google マイマップで追加した凡例のGoogle上の詳細情報がでてこない←これが、Trelloで「このリンクはマイマップへのリンクではなく、通常のGoogle マップへのリンク」を保存する理由

Google マイマップが使いづらく、Trip Adviserの旅リストなどを併用したりもしてみたが、フリー旅行では経路案内が出せないのが致命的。

 

なんだかんだ言っても、かつてガイドブックの地図しか頼る情報がなかった頃に比べれば、格段の進化である。文明の利器に感謝。